TOP  入園ご希望の方へ  園児が病気のとき
お子様の体調の変化に注意し、状況に応じて速やかにお電話でご連絡させていただきます。
お子様の熱は38度を目安に職場にお電話させて頂きます
保育中に発熱し、38度を超えそうだと判断した場合、保護者様へお電話させていただきます。
嘔吐や下痢などの体調不良の場合も様子を見て、電話で連絡をさせていただきます。
お仕事の都合がつき次第、お迎えに来ていただくことになります。
月曜日から金曜日は看護師がおります。子供の症状を見て、そのまま様子を見るのか病院へ連れて行くのか、保護者の方にお迎えに来て頂くのかなど、最善の判断をさせて頂きます。また、毎月1日には「保健だより」で、その月の注意すべき病気の紹介や予防対策を保護者様にお伝えします。そのほか、お子様のことだけでなく、保護者様の病気などについての相談や質問にもお答えします。
病気や感染症の予防対策について
下記のような対策により、感染を最低限に食い止める努力を日々行っています。
* 登園時にお子様も保護者様もアルコール消毒をしていただきます。
* 手洗いとうがいの指導を徹底しています。
* タオルや水筒、お箸などは各自自宅から持ってきたものを使用します。
* 嘔吐時などの消毒は、次亜塩素酸系消毒液で消毒をしています。
お子様がケガをしたとき
「手は離しても目は離さない」をモットーに、職員一同、お子様の安全には十分に気を配っていますが、万が一、お子様がケガをしてしまい、さらに園内で対応できないレベルの状況と判断した場合は、速やかに近隣の病院へお子様を連れていき、迅速に初期対応を致します。それと同時に保護者様へご連絡させていただきます。
入園ご希望の方へ
入園したい
愛和学園の特長
施設案内
保育ビジョン
保護者の義務
保護者様の声
園児が病気のとき
制服について